ただでさえ、手続きが面倒なのに、連帯保証人まで選定しないといけないとなると大変です。しかし、避けられない現実でもあるのです。

賃貸マンション借り方ガイド

連帯保証人の選定方法

最近では「保証人不要」ということが条件になっている賃貸マンションもありますが、ほとんどの場合は、連帯保証人を選定する必要があります。
これがネックになって、賃貸契約が成立しない場合もあります。
基本的には、親または親族で問題ないのですが、それでも審査が厳しい場合があります。
ここでは、賃貸マンションと保証人について考えましょう。
契約するときに保証人が必要だからといって、身の回りの人が誰でも保証人になってくれるわけではありません。
なぜなら、連帯保証人には重い責任が伴うからです。
連帯保証人とは、「借主に何らかの事情が発生した場合には、代わりに責任を負うこと」が要求されます。
極端な例でいうと、家賃を滞納していて、そのままいなくなってしまったとか、大きなトラブルを大家さんとの間で起こして、その責任を認めない場合などには、その責任が連帯保証人に問われます。
しかも、通常の名前を貸すだけのような意味合いの保証人とは異なり、連帯保証人の場合は、自分が保証人になった人の過失に対する責任を負う、法的な義務があります。
ですから、そのような意味合いの重さゆえに、だれでも他人の連帯保証人にはなりたくないものです。
そういった関係になることで、またはお願いすることで、友情が終わってしまうこともあります。

ではだれがなってくれるの

だれもなりたくないからといって、連帯保証人なしというわけにはいきません。
賃貸マンションに入居する際の条件が、連帯保証人を選定することであるならば、必ず選ばなければなりません。
では、一体だれがなってくれるのでしょうか。
たいていの場合は、親や親族にお願いすれば、それで事が足りてしまいます。
実際のところ、不動産会社の方もそれを望んでいて、連帯保証人を親族に限定している場合が少なくないのです。
ただし、どんな親でも資格を満たせるというわけではありません。
基本的な資格は、「お金を支払える能力があること」なので、大家さんの判断によっては、親にも連帯保証人になる資格がないと判断されることもあるようです。
では、お金を支払うことのできる能力があるかどうかを、どのように判断することができるかということになると、収入証明の提示によって、それを行なうことができます。
ですから、極端な例でいくと、親がすでに年金暮らしをしている場合は、その年金額によっては、連帯保証人としての資格を満たしていないと判断されることがあるようです。
このような煩わしい手続きを避けたいという方は、連帯保証人不要の賃貸マンションを探すといいでしょう。
不動産屋などの仲介業者は、たくさんの情報を持っています。

注目の情報



Copyright(c) 2017 賃貸マンション借り方ガイド All Rights Reserved.