結局、住まいを購入する決め手は、最高に住みやすいかということよりも、手が届くかどうかということになると思います。

賃貸マンション借り方ガイド

金銭面での比較をする

住みやすいかどうかという話になると、賃貸マンションよりは、分譲マンションか、一戸建ての方がやはり快適かもしれません。
しかし、たいていの場合は、住みやすい所に住むことができる人はそれほど多くなく、実際的な問題として、金銭面で比較して、メリットが大きいか、デメリットの方が大きいかで判断しているようです。
それでは、賃貸マンションの家賃を考えて、結局毎月お金を無駄に捨てているようなものだ、という結論に至ったとしましょう。
次に考えるのは、分譲マンションに入るか、それとも一戸建てを購入するかという点です。
結論から言って、金銭面だけのメリットに注目すると、総合的に支払う金額は同じくらいになってしまうということが言えるかもしれません。
アプリなどを使って算定できるかもしれませんが、基本的に言って、一戸建ての方がマンションよりも購入金額の点では高いとはいえ、マンション生活には、月々の修繕積立金、管理費、駐車場代などが発生します。
それらに加えて、当然ながらマンション購入のためのローン返済が毎月やってくるわけです。
ですから、一概にどちらが安い、高いということは言えないのが現状です。

では、どちらがお買い得なのか

とりあえず、賃貸マンションは卒業して、自分の持ち家を持ちたいという場合には、マンションを購入するのか、それとも一戸建てにするのかを決めなければなりません。
どちらが安いかということで言うと、マンションに軍配が上がるとしても、トータルで支払う金額を合算すると、30年後くらいには同じレベルに達しているかもしれません。
ここでは、金銭面での比較ということで、資産価値の面から考えてみましょう。
一戸建てを購入すれば、たとえ建物が年数と共に劣化していったとしても、土地も同じように劣化していくということはありません。
不動産価格の変動や、土地としても価値の変化があるとしても、資産としての土地の価値が、年数の経過と共に自動的に減っていくということは考えられません。
一方、マンションの場合は、部屋の劣化と共に資産価値が大きく減っていきます。
さらに、自分の持っている土地はわずかで、建物と土地を切り離して売却することも不可能であるため、そう言った意味でも資産価値があまり高くありません。
あえて付け加えるとすれば、マンションの場合は、犯罪に対するリスクが低いという点においては、価値が高いと言えるかもしれません。
同じレベルの安全を、一戸建てで確保しようと思うと、かなり大変な労力と、金額を支払う必要が生じます。

注目の情報



Copyright(c) 2017 賃貸マンション借り方ガイド All Rights Reserved.