それぞれメリット、デメリットを比較考慮して、最終的には自分に合っているものを選ぶという判断能力が、住宅購入の際には求められます。

賃貸マンション借り方ガイド

マンションに住む不利な点

それぞれにアンケートしても、それぞれの視点からの答えしか返ってこないため、住宅を購入するときには、どのように決定すればいいのか迷ってしまいます。
現時点で、アパートや賃貸マンションに住んでいて、新たに一戸建てや分譲マンションへの住み替え、この場合は購入を考えているのであれば、非常に頭を悩まされるのは当然でしょう。
なぜなら、大きな買い物であるだけにということもそうですが、どのように住むかによって、家族の健康、幸福度も変わってくるからです。
決定をするときに、参考になる一つの方法があります。
それは、メリット、デメリットを比較して、自分にもっとも合っているという住み方を、その中から一つ選ぶことです。
ここでは、あえてマンションのデメリットについて考えてみましょう。
しかし、マンションのデメリットは、つまり一戸建てのメリットになるというわけではありません。
まず、マンションの場合は、一戸建てに場合に比べて、購入金額の点では安いとしても、月々に支払う住宅ローンへの返済に加えて、管理費、修繕積立金、駐車場代などの負担が発生します。
ですから、毎月の実際に支払うことになる金額をよく計算しておかなければ、生活に余裕がなくなってしまいます。

ここのところを知っておいて

もちろん、賃貸マンション、アパートに住み続けていれば、備え付けのエアコンもあり、将来のマンションの修繕なども気にせずに住むことができます。
それでも、やはりわたしたちの心理としては、いつかは自分の持ち家に住みたいという願いがあるかもしれません。
引き続き、マンションを購入する際に知っておかなければならない点について考えてみましょう。
マンションの場合は、一戸建ての場合と違って、自分に対して割り当てられている土地が極端に少なく、そのうえ、建物は数年もすれば、資産としての価値で考えると減っていきます。
ですから、土地付きの一戸建ての場合と比べると、資産価値としてはあまり期待することができません。
とくに、個人事業主、また人生のある段階で大きな額の融資を受けることを検討しているならば、担保という観点からすると、マンションにはそれほど期待することができないかもしれません。
さらに、住みやすさで考えると、騒音に対しては、一戸建てよりもシビアにならなければなりません。
とくに、来客時など、楽しく騒ぎたいような気分の時でも、隣近所のことを考えると、楽しみ損ねてしまうかもしれません。
また、逆に近所の騒音が気になっても、それに対してどう対応するかで悩んでしまう可能性もあります。

注目の情報



Copyright(c) 2017 賃貸マンション借り方ガイド All Rights Reserved.