住宅に関しては、さまざまな角度からの決定を迫られることになりますが、その中には、賃貸かそれとも購入かという選択もあります。

賃貸マンション借り方ガイド

購入か賃貸かの決定

昨今に経済不安により、将来の見通しを立てることがますます難しくなっています。
実際、それが住宅選びにも大きく影響しています。
アプリなどで検索していて、いい物件を見つけても、やはり今後安定して今の会社にいて、給料、ボーナスをもらえるかどうかと考えると、もう少し様子をみようかな、ということで賃貸マンション生活を続けているかもしれません。
現実的に考えて、賃貸マンションと持ち家では、どちらがいいのでしょうか。
答えは自分で導き出すものだとしても、考えるためのヒントは参考になります。
例えば、安定した収入が今後も見込めるのであれば、収入の範囲内で返済可能なローンを組み、一戸建てか、分譲マンションを購入することができるでしょう。
しかし、将来的に収入が変化するかもしれない場合や、転勤の可能性を持っている場合は、賃貸マンションにとどまることもいい決定かもしれません。
実際のところ、収入の変動に対応できるのは、賃貸物件です。
なぜなら、収入が減ってしまった時には、引越しによって家賃を下げることも可能だからです。
一方、住宅ローンの場合は、たとえボーナスカットに遭っても、ボーナス払いに設定してあれば、必ず返済しなければなりません。

自分の今後を視野に入れながら

ただし、賃貸マンションに住んでいて、収入の変動に応じて引越しをすればいいという考え方には落とし穴もあり、引越しの度に初期費用がかかります。
さらに、賃貸契約の内容によっては、2年に一度くらいの割合で更新料を支払う必要があります。
それで、賃貸マンションに住んでいれば、まったく身軽というわけではないようです。
また、あまり考えたくないケースですが、ローンを返済している男性が死亡してしまったケースではどうなるのでしょうか。
その場合、賃貸マンションに住んでいると、家庭の状況が変化したかどうかには関係なく、引き続き家賃の支払い義務を持ち続けることになります。
ですから、世帯収入が減れば、それに応じて生活の質を下げ、より安いアパートなどに引っ越さなければならないかもしれません。
しかし、マンション等を購入しており、ローン契約者が死亡した場合には、団体信用生命保険によって、残りの額が支払われるので、残された家族は引き続きローンの返済に苦しむことなく、家に住み続けることができるという、大変ありがたい制度があります。
もちろん、ローン契約者が保険金を負担していたので、保険金が下りるわけです。
このように、それぞれのメリット、デメリットを考えながら、自分たちの住み方を決定していかなければなりません。

注目の情報



Copyright(c) 2017 賃貸マンション借り方ガイド All Rights Reserved.